クリス・ブラウン/Zeroの歌詞を和訳

若い頃から活躍しているクリスブラウン。16歳のとき「クリス・ブラウン」でデビュー。
圧倒的なダンススキルと甘い歌声が魅力です。
「ラン・イット」という曲ではビルボードチャート一位をゲットしました。
アルバムがアメリカ国内で200万枚売れ、ダブルプラチナの称号を得ました。
しかしプライベートでは元恋人リアーナにDV、一般男性に暴力などで警察や裁判沙汰にもなりました。
実力がある彼なので、音楽活動に集中してよい作品をたくさん届けて欲しいですね。

Chris Brown-Zero

sponsored link


俺たちは最高だと思ってた
だがお前はなかったことにした
お前が帰る日を指折り数えていた
自分がバカみたいだ

今更お前は恋しがってんのか
ウォッカはそんな気持ちにさせる薬 
確かに引きずってはいたけどさ
どう思ってるか、だって?

お前を恋い慕ってる夜なんか (ゼロだよ、ゼロ)
俺は100パーセント捧げたのにお前がくれたものといったら(ゼロだよ)
お前が運命の人だと思ってた でもお前は去って行った
すごくいい女を見つけたんだ こっちが運命だったかな
だから未練あるかって聞かれたら(ゼロだね)
お前はもうどうでもいいや

イケてる女と目覚めてるよ
やんちゃしても、おまえなんかより清らかだ
もういいだろ、ほっといてくれ
お前なんかお呼びじゃないんだ

今更お前は恋しがってんのか
俺のインスタこっそりチェックしてんだろ
確かに引きずってた時もあったよ
知りたいならはっきりさせようか

お前を恋い慕ってる夜なんか (ゼロだよ、ゼロ)
俺は100パーセント捧げたのにお前がくれたものといったら(ゼロだよ)
お前が運命の人だと思ってた でもお前は去って行った
すごくいい女を見つけたんだ こっちが運命だったかな
だから未練あるかって聞かれたら(ゼロだね)
お前はもうどうでもいいや

つらい時もあったけど今は稼いでいるぜ
ドルにユーロ、円にポンド
ゼロがいっぱい並んでるだろ
お前は残高がなくなると俺を呼んだけど
俺の今のハニーは自立してるぜ
お前なんかお呼びじゃないんだよ

お前を恋い慕ってる夜なんか (ゼロだよ、ゼロ)
俺は100パーセント捧げたのにお前がくれたものといったら(ゼロだよ)
お前が運命の人だと思ってた でもお前は去って行った
すごくいい女を見つけたんだ こっちが運命だったかな
だから未練あるかって聞かれたら(ゼロだね)
お前はもうどうでもいいや